過去生の浄化 タイムラインを変更すること

ちょっと不思議な話になります。

というか、私の妄想です。笑

セッションの中で「過去生の浄化をしなさい」ということが出てくることがあります。

以前は、過去生の浄化をすることは、
『現在』の自分のクセとか、思い込みなんかを変えることだと思っていたのです。

つまり、
過去生でできたクセや思い込みを解消して 今を生きやすくする、というような感じでとらえてました。

ところで、ちょっと話は変わりますが、
時間てなんなんでしょうね?

いろいろなところで時間の概念に対する文章を目にすることがあります。

並行して時間が流れているパラレルワールドという概念や、

この宇宙のすべては、もしかしたら一瞬前にできたもので、過去というものは記憶に過ぎないという説、

時間はすでに未来も過去も同時に存在しているという「ブロック宇宙論」など、、

ブロック宇宙論では、
すでに過去も未来も存在していて、
スポットライトのあたっている場所が「現在」いう考え方です。

(検索するといろいろ出てきます。)

ネタばれになるので詳しくは書きませんが、
インターステラーという映画では、
重力の秘密を探るために
ブラックホールに入っていった主人公が、
時間も空間も超えて娘とコンタクトする場面では時間の枠がブロック状に表現されています。

その映画を見た時に、
なぜブロック?と思ったのですが、ブロック宇宙論からきているのかもしれません。

インターステラー公式サイト

ブロック宇宙論では、
時間というものはパッケージされて、
すでにあるものという概念ですが(たぶん?その解釈でいいと思うのですが。笑)
パラレルワールドでは並行していくつもの時間軸があるということになります。

でも、インターステラーという映画ではブロックはいくつも重なり合ってありましたので、
それは、並行宇宙みたいなものも表現していたのかも?なんて考えてました。

ただ、時間や空間、次元については人間の脳では理解しきれないし感じきることができないのかもしれません。

つまり、時間というものを人間の脳では過去から未来へ流れているようにしか知覚できない構造なのかもしれません。

話が飛びましたが、、
なにを言いたかったのかというと、
やっと本題です。笑

以前は、「過去生の浄化」は『現世』の自分に引き継いだ脳内の中の記憶の残像を修正するようなものととらえていたのですが、

でも、ふと、
本当はそうではなく、
同時並行的に存在している過去生を
串刺しするように同時に浄化をすることで、
魂を全体的にアップデートしているのかもしれないと思ったのです。

つまりブロック宇宙論でいうブロックを違うブロックに移動するような感じです。

一つのブロックが、一つの宇宙のすべての時間を含んでいるとしたら、

例えば私が、
明日の朝ごはんをパンにしたブロックと、
おにぎりを選択したブロックとは違う宇宙ということになります。

すべての選択の分の宇宙があって、
癒しが起こるというのは、そのタイムラインを変更するような感覚なんじゃないかと、、

Aという選択をしたタイムラインから、
Bという選択をしたタイムラインへ。

すると過去生での出来事もヒーリングが起きた時点で変わっていくと同時に、未来に起こる事も変わっていく。

最近はそんなイメージが浮かんでくるのです。

癒しとは、タイムラインを選び変更していくこと、

そんな事を感じるのです。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください